ゆっるゆる備忘録

見られることは百も承知で、自分の書きたいことを書きたいように書きます。公序良俗に反しない範囲内で。

『Abi』レビュー! 温かみのある荒廃世界と、生き生きとしたロボット達が哀愁を誘うアドベンチャー

人間達がメトロポリスという場所へ移住した後の世界でいまだ動き続けるロボット達。Abiは友人DDとともに「小鳥を探す」ためにメトロポリスを目指す。

 

Abi - A Robot Adventure

 


ABI [TRAILER #03] (Grant&Bert Studios)

ポイントクリックアドベンチャー。小型のAbiと力持ちのDDの操作を任意で切り替えて進む。難易度は易しくクリアはサクサク。謎解きや少しだけアクション要素もあり。ロボット達の動きが可愛い。小物や背景もよく描かれていてストーリー考察の助けになる。

さあこの後どうなるんだというところで物語が終わってしまう(続きを開発中とのこと)。余裕で許容範囲だが日本語訳は少し堅いかも。

f:id:Thom-nun:20180122145026p:image

 

詳細と蛇足は続きから↓

 

一番のおすすめポイントはロボットたちの動きの可愛らしさです!

f:id:Thom-nun:20180122144520p:image

これはDDがAbiを撫でてあげているところ。手が無骨だからカリカリ掻いてあげてるみたいになるし、静止画だといじめてるようにも見えるけど違いますよ。高いところから飛び降りようとするとAbiが目をつぶってぶるぶる震えるから、可愛いだけじゃなく事故死の予防にもなっていて嬉しい。あとは序盤に出てくる掃除機さんも仕事ができてどことなく嬉しそうに見えたりして、モブロボット達も必見。

ていうか、人間と友達になるためのロボットでコミュニケーションが上手なAbiと工業用で言葉を発さないDDが助け合って旅をするっていうお約束の名コンビ感。

 

背景や小物などのイラストが美しく、あえて語られないストーリーを考察する余地を残してくれている。手描き風にも切り絵風にも見えますよね。錆びや砂の感じもグッド。

f:id:Thom-nun:20180122145056p:image

スクショモードだとタイトルが右下に入る。

f:id:Thom-nun:20180122144823p:image

飲食店のバックヤード。店長さんの働きぶりが垣間見える。

進行度に応じて5つのチャプターが解放され、シーンを選んで始めることができる。

 

移住した人間達が今も幸せである保証は無いのに健気に小鳥やメトロポリスを目指すAbi達の対比が切ない。人間のことを信じられなく「なった」ロボットもちらほらいて、それもAbi達との対比になっている。最後になんども振り返るAbiが優しいだけに、無事にメトロポリスに着いた後のことを考えると苦しいです。

 

ヒントはイラストで描かれていて、これまた可愛い。

f:id:Thom-nun:20180122144914p:image

2周目は全てのヒントを見ながらやろうかな。

 

ネタバレになるのでぼかしますが、4人でエレベーターに乗ったのに外に出られたのが3人だけだったのが残念でした。結果は同じでもいいから専用セリフ的なものが欲しかった。

 

まとめ。

クリアするだけなら少し物足りないかも知れないけど、このタッチのイラストや世紀末SFが好きな人は満足できるのではないでしょうか。私はキャラクターの可愛さに癒されたので元は取りました。続編を楽しみに待ちたいと思います。

 f:id:Thom-nun:20180122150015p:image